レース編みワンピース

レース編みワンピース

IMG_0716

レース編みワンピース

どうも、こう・・・レース編みのセーターは、着た時に、「ババ臭く見える」というのが私の固定観念かして、どうも嫌なんですよ。。。

 

年寄りじみた感じがするというか、昭和の香りがすると言えば聞こえはいいけれど、なんか洗練されたものがないような、レースのカーテン纏って(まとって)るだけのような気がするのです。

 

編んでいる最中は、楽しくて、編み柄もキレイでいいのですが、出来上がったのもいいのですが、着用すると幻滅するとでもいいましょうか・・・。しかも、レース編みと言えば、夏用のセーターやカーディガンなどが一般的ですが、糸が綿であっても、アクリルなどの化繊であっても、一枚+αで着るわけですから、この温暖化現象目の当たりにした夏の暑さに涼し気に見えるとはいえ、暑いのですっ!

 

でもこの画像のワンピース、糸は光沢のあるウールで、秋冬用。

 

イッセイミヤケのプリーツのパンツを数本持ってる私。『なにか、これらのパンツに合うセーターは出来ないものかしら?』と作ってみたのが、これっ!

 

TPOに応じて、スカーフをアレンジしたり、コートの中に着てもごわつかないし、色も落ち着いたパープルということもあって、女子会や何かの集まりにでも、ワンランク上のお洒落が出来、かなり重宝します。ボトムスとのバランスによって、ウエストをベルトで調節するとスッキリした印象にもなります。