オンデマンド出版

2537620

2537620
出版するということは、本を作るということなのです。
一般的には、
本の原稿を校正し、レイアウトした後、印刷会社に入稿された原稿は、発行部数(だいたい、千部単位)に応じて印刷され、
本が出来上がって、流通機関を経由して、書店に本が並び私たちの手元に届きます。
本が、売れるまで「在庫」として、出版された本は、世の中のどこかにある。
発行部数は、出版社が、売れる見込みや需要(ニーズ)をふまえて、何部作るかを決めますが、ここで見込み違いがあると、大量に本が売れ残ったりして、エライコトになったりもします。

 

「天職・適職さがしの心理学」の時は、最初5千部を発行し、売れ行きがよかったので、後から、2千部を増刷。

 

その後「成功と自分さがしの心理学」の時は、2冊目は、一冊目ほど売れないという業界ならでは(?)の掟があり、4千部を発行。
全部売り切ったようなので、この2冊は、在庫「0」となり、誠にありがたいことです。
在庫って、意外とストレスかかるんですよぉ~(←経験者は、語る)

 

○    ○   ○   ○  ○

 

ITの進化により、今は、「オンデマンド出版」という出版方法ができました。
「ペーパーバック」ともいうらしい・・・

なんか、時代の流れについていけないのかして、私自身もよくわかってないのです。(スミマセン・・・m(_ _)m)
このオンデマンド出版に関して、なんとなくでも、わかる説明を少しばかりしたいと思います。
この出版方法は、本の注文があってから、本を作る。しかも、早いっ!原稿(データーベース)があれば、1日で、一冊から作れるようです。
在庫をもたずに本を出版できるのですよね。
ただし、本屋に並ぶわけではなく、Amazon.co.jpと三省堂書店のみの取り扱いとなります。

アマゾン社がオンデマンド出版できる機械を持っているのだと思われます。

 

見たことは無いですが、あくまでも、私の勝手なイメージとしては・・・

 

自動販売機のような機械の前で、「この本ほしいっ!」と、本を選ぶ。
すると、「書籍」と「電子書籍」とどちらがいいですか?
と聞いてくるので、「電子書籍」を選ぶと、ダウンロードできて、GET!

「書籍」を選ぶと、機械の中でパタパタと本が作成され、ポトンと、出口から本が出てくる。
そこから、ラインに乗って、梱包され、送り先のラベルが貼られ、郵便で自宅に届く

 

というものなのです。

新刊「いつも おそばに・・・」のお話を聞いた時に初めて、オンデマンド出版の事を知って、『時代は、そんなところまで来たのか・・・』と、びっくりしたものです。

 

一般の書店には並ばないけれど、
在庫を持つというリスクがないのと、絶版することもないのが魅力で、今回は、オンデマンド出版にて、出版することにしました。

 
入稿された原稿は、今頃、自動販売機のような機械の中で、シャカシャカされていることと思います。

 
そして、私への今回のミッションは、「本屋並んでない本をどうやって、売るか・・・?」です。