ただ、そこにいるだけで・・・

ただ、そこにいるだけで・・・

母の四十九日の法要が終わって、しばらくしてから、猫が我が家にやってきました。

securedownload1

5~7歳の雄。名を「おじゃる(丸)」NHKのTVアニメ「おじゃる丸」のあの、おじゃるです。平安朝からやって来たやんごとなき雅な5歳のお子様と同じ名前です。
うちのおじゃるは、多頭飼育崩壊されキャットピアで、保護されていた保護猫。

 

詳しくは、
kumichanのブログ https://ameblo.jp/chiyomaru-6252/

 

キャットピアの猫たち http://makkuronahito.blog39.fc2.com/

をご覧ください。

 

初めて猫を飼う私としては、ここのスタッフの方に、猫について教えてもらうことも出来、困った時や、猫環境のノウハウ(?)もサポートしてもらえて、不安一気に払拭。おじゃるも、おとなしい性格で、トイレのしつけも出来ていて、去勢済。
だけど、おじゃるの方は、我が家に来るのに不安だったのか、今までの環境にストレスがあったのか、血便あり、膀胱炎、「ニャー」と猫らしく鳴けない状態で我が家にやってきました。おかげで、動物病院へ連れていくというハードルも、一緒に超えさせてくれました(笑)

 

我が家に来て3ケ月。病気も治り、歯もキレイになり、猫らしくニャーニャー♪と鳴けるようになりましてね。
始終私のそばにいてくれ、纏わりつき、私が座っている時にはゴロゴロ喉を鳴らして、体のどこかにもたれて寝る。外出から帰ってくると一番に、「鼻キス♡」をしてお出迎えしてくれる・・・。もう、たまりませんって!男無しでも生きていけるっ!!っていう気にもなりますわ。
バイト先の同僚(男性)に「猫飼った」というと、その男性、深刻な顔をして「高塚さん、猫飼うと結婚できへんっていうけど・・・?ええの・・・?」と言われ『家を建て、仏壇も見、その上猫がいて。この先、父の介護も必要となってくる私に、神様は私に、結婚はいらんやろ?というお導きを与えてくださっている・笑』と思ったり。
でも、今の猫がいる生活は、とても幸せなもの。
同居の父も、母が亡くなってから元気なかったのですが、おじゃるの存在が、癒しとなり少しずつ元気をとりもどしていくという、この不思議な猫パワー。

 

ただ、そこにいるだけなのに・・・

 

 

満ち足りた気持ちで過ごせる、豊かで幸せを感じられる存在に、「おじゃる、ありがとー!」と声を大にして言いたいぐらい。

securedownload
おじゃるの実家(?)キャットピアでは、私を幸せにしてくれたように、多くの人と猫を幸せにする活動もはじめたようです。

↓ ↓ ↓

クラウドファンディング「きびだんご」

https://kibidango.com/592
猫との暮らし、最高に良いですよ~~☆